Integromatでtoggleとslackを連携する

bot作成に悩むみなさんこんにちは。日本Integromat推進委員会会長(自称)、個別指導塾コミット塾長、AWESOME開発担当の船津です
今回もアプリ間の通知をGUIで設定できる最強ツールのintegromatの使い方を紹介します。

前回記事はこちら

IntegromatでgithubのissueとSlackを連携する

公式はこちら

まだbot作成で消耗してるの?

  • 些細な事で張り切ってbotを作って工数を無駄遣いしていませんか?
  • githubへpushしたらslackに通知
  • githubへpushしたらtrelloで起票
  • githubに特定のコミットコメントが来たら…
  • togglでタスクを開始したら…
  • trelloで起票したら…-
  • メールが来たら…
  • googleカレンダーが更新されたら…

安心して下さい!全てintegromatが実現します!

よっぽど難しいことでない限り、サーバーを用意したりコードを書く必要はありません。
余った時間はしっかり新しい技術の習得に使いましょう。

toggleとslackを連携させる

今回はslackとtoggleを連携させてみましょう。

やりたいこと

  • toggleでタスクを開始
  • slackに通知

基本的な使い方は前回記事を参照下さい。

前準備

Toggleのプロフィール画面からAPITokenを取得しておきましょう。

手順

まずはシナリオ作成画面からこのようにモジュールを追加します。

Integromatでtoggleとslackを連携する
toggle側はWatch time Entries, slack側はCreate messageを選択します。

  1. toggleモジュールを選択し、connection”を追加(Add)します。適当な名前と前準備で取得したAPITokenを入力してください。

Integromatでtoggleとslackを連携する

  1. 時間指定は”From now on”を選択します。

Integromatでtoggleとslackを連携する
3. Slack側のモジュールはこのように設定します。toggle同様に”connection”を追加しますが、slackでは認証を許可するページに遷移するので、Integromatがコマンド実行するのを許可します。”channnel”, “text”は適当に設定してみました。

Integromatでtoggleとslackを連携する

  1. Toggleでタスクを開始します。

Integromatでtoggleとslackを連携する

  1. シナリオ作成画面の”Run once”ボタンを押すと、それぞれのモジュールにチェックマークが付きます。これで完了です。

Integromatでtoggleとslackを連携する

結果確認

こんな風にメッセージが送信されていますね。

Integromatでtoggleとslackを連携する

まとめ

できること

  • タスクの監視
  • タスク名の表示
  • 始まった時間の表示
  • 終わった時間の表示

できないこと

  • ユーザー名の取得

時計のボタンを押せばスケジュールを登録できるので、1日に1回くらい回して工数を確認するくらいが良いかもしれません。

取得したデータはこんな感じです。結果の吹き出しになってい部分に記載されています。

Integromatでtoggleとslackを連携する

おわり

Toggleに関しては今のところユーザー名が取得できないのでちょっと困りますね。

これからもいろいろな機能を紹介していきます。
いかがだったでしょうか?もうbot作成に消耗せず、ツールを活用して開発に専念できるように頑張ってみて下さい。

PR

Instagram Feed

Load More
Something is wrong. Response takes too long or there is JS error. Press Ctrl+Shift+J or Cmd+Shift+J on a Mac.

Instagram

専務取締役

funatsukeisuke

WEBと教育を組み合わせて何かおもしろいことをやってやろうと画策しています。AWESOMEでは開発を担当、個別指導塾コミットでは塾長と2足の草鞋を履きながら日々勉強しています。

他の投稿を見る →