ローディング中

IntegromatでgithubのissueとSlackを連携する

 

bot作成に悩むみなさんこんにちは。日本Integromat推進委員会会長(自称)、個別指導塾コミット塾長、AWESOME開発担当の船津です

今回はアプリ間の通知をGUIで設定できる最強ツールのintegromatの使い方を紹介します。

https://www.integromat.com/

まだbot作成で消耗してるの?

みなさんbotを活用していますか?
些細な事で張り切ってbotを作って工数を無駄遣いしていませんか?

  • githubへpushしたらslackに通知
  •  githubへpushしたらtrelloで起票
  • githubに特定のコミットコメントが来たら…
  •  togglでタスクを開始したら…
  •  trelloで起票したら…
  •  メールが来たら…
  •  googleカレンダーが更新されたら…

安心して下さい!全てintegromatが実現します!

よっぽど難しいことでない限り、サーバーを用意したりコードを書く必要はありません。
余った時間はしっかり新しい技術の習得に使いましょう。

 

連携できるサービスは100種類以上!

出来ることが多すぎて当然全部は紹介しきれないので、githubのissueを立てたらslackにメッセージが送られる。というシナリオを作ってみましょう。

githubとslackを連携させる

まずはシナリオを作る

とりあえずアカウントを作って下さい。
Githubアカウントと連携出来るので、特にパスワード等を設定する必要はありません。
ログインするとこのようなダッシュボードが表示されます。
Screen Shot 2016 10 24 at 0 34 34

” Create new scenario”をクリックしてシナリオ作成を始めます。

Screen Shot 2016 10 24 at 0 49 36

トリガーとなるサービスを選択する

“?”をクリックするとサービス選択画面に移行するので、githubを選択しましょう。

Screen Shot 2016 10 24 at 0 24 35

次は”watch issues”を選択します。

Screen Shot 2016 10 24 at 0 24 44

するとこのようなウィンドウが表示されるので、”create a connection”を選択し、自分のgithubアカウントと連携させます。

Screen Shot 2016 10 24 at 0 25 05

Watchするレポジトリを選択します。

Screen Shot 2016 10 24 at 0 25 47

いつ作成されたissueをwatchするのか選択します。

今回はこれから作るissueだけを監視してほしいので、”From now on”を選択します。
Github側の設定はこれで終わりです。

slackと連携させる

次に、”Add another module”を選択し、slackのアイコンを選択します。
Screen Shot 2016 10 24 at 0 26 16

slackに投稿したいので、”Create a message”を選択します。

Screen Shot 2016 10 24 at 0 26 32

Githubのときと同様にconnectionをaddします。

Screen Shot 2016 10 24 at 0 27 01

“Text”のところをクリックすると、このような画面が出るので、必要な情報のタグを選択して下さい。

Screen Shot 2016 10 24 at 0 27 09

issueを立てる

お試しissueを作ってみます。

Screen Shot 2016 10 24 at 0 28 13

連携テスト

ここまでで設定は完了です。
テストしてみましょう。

画面下の再生ボタン(のようなボタン)を押すと、一度シナリオを実行してくれます。

Screen Shot 2016 10 24 at 0 27 20

上手くいけば以下のような画面が表示されます。

Screen Shot 2016 10 24 at 0 28 29

slackの画面を見てみると…

Screen Shot 2016 10 24 at 0 28 36
こんな感じになっています。
成功です!!!

終わりに

いかがだったでしょうか?もうbot作成に消耗せず、ツールを活用して開発に専念できるように頑張ってみて下さい。

ホームページ制作のご相談・ご依頼は

079-451-5881

68ED4C65-BA1E-46D0-A7AC-B9869923C696 Created with sketchtool. A07C553F-CF16-4B7D-94FE-D36AE0A6297D Created with sketchtool. 37B7D8F4-7A18-4725-9EC6-595ABDF69D64 Created with sketchtool. 95DFB680-1EDF-4199-BC4A-BB6752EBA23C Created with sketchtool. 02DDF754-E1DB-4EF2-B6BB-C884722938C4 Created with sketchtool. NEW! 1A95E369-6469-4C46-B38F-F83410B928B0 Created with sketchtool. Group 5Group 2Group 4Group 3 E4FC8CF2-721D-4699-8162-18E886C432C1 Created with sketchtool.