さくらクラウドハンズオンを開催しました!!

みなさんこんにちは、個別指導塾コミット塾長、AWESOMEの船津です。

今回は弊社で開催した「さくらクラウドハンズオン」のついてレポートします。

イベントページはこちら

「加古川IT系インフラ勉強会」もよろしくお願いいたします。

資料の制作、進行、テストアカウントの作成など、さくらインターネットの植木様にご協力をいただきました。
ありがとうございます!

おかげさまで高校生から大学生、社会人と幅広く参加していただける会になりました。

それではまずは気になったサービスから紹介していきます。

気になったサービス

シンプル監視

こちらはネットワーク監視のシステムで、ping tcp http httpsなどに対応しています。
さくらインターネットのIPであれば無料なので、実はさくらのVPSの監視も無料で出来るらしいです。

ウェブアクセラレーター

akamai、cloudfrontなどのCDNに対応しています。
5円/GiBと低価格な点も魅力です。

WAF

SITE GUARD Liteが無償で利用できます。
クラウドを使ってみたいけど、セキュリティのことは不安という方にはとても魅力的ですね。

気になった機能

マップ

出来上がったサーバーとネットワークの構成を図にして確認することができます。
クライアントへの見積もりなどの場面で非常に役立ちそうですね。
自動化の際にも、実際の構成を確認できるので、作業を省力化できそうです。

サンドボックス

さくらクラウドには東京や石狩リージョンがあるのですが、実はサンドボックスリージョンと言うものが存在します。

なんとこのリージョン無償です
サーバー、ネットワーク、APIの操作ができます。
リージョンさえサンドボックスになっていれば、新しく入ってきた人に操作方法を教えることにも使えたりします。
マップももちろん使えるので、構成管理ツールで作成した環境をチェックするのに最適です。

AWS等だとテストサーバーの料金が発生してしまう部分を無料で出来るのは美味しいですね。
特におすすめの機能です。

情報のキャッチアップ

以下のサイトを利用すると良いでしょう。

ドキュメント

公式ドキュメントです。料金などはこちらで確認できます。

さくらのナレッジ

ブログ形式で新機能が記事になっています。
機能の更新頻度が非常に高いため、こちらで最新情報をキャッチアップしていきましょう。

第二部 vagrantからさくらクラウドを操作する

こちらのリポジトリを利用してvagrantからさくらクラウドハンズオンを行いました。

Vagrantfileの設定変更等に多少のトラブルはあったものの、、、無事起動に成功しました!

さくらクラウドハンズオンを開催しました!!

さくらクラウドハンズオンを開催しました!!

さくらクラウドハンズオンを開催しました!!
Ansibleを使ってさくらクラウドにCentOSのLAMP環境が無事に構築できました。

おわりに

AWS,Azure,GCE,Digital Ocean等クラウド業界は群雄割拠の様相を呈していますが、それぞれのクラウドに良いところがたくさんあります。
その中でもさくらクラウドはVPSからの移行を狙ったシンプルなサービスが多めであり、最初から日本語なので、かなりとっつきやすいのではないでしょうか。
日本語のサポートがすぐに受けられることもメリットですね。

Instagram Feed

Load More

Instagram

専務取締役

funatsukeisuke

WEBと教育を組み合わせて何かおもしろいことをやってやろうと画策しています。AWESOMEでは開発を担当、個別指導塾コミットでは塾長と2足の草鞋を履きながら日々勉強しています。

他の投稿を見る →