SEO対策の費用や料金を把握する上で目安にしたい5つのポイント

Googleの検索結果1位になれば当然それだけ多くの人にサイトをみてもらうことができます。
では、Googleの検索結果1位にするにはどうすればいいのでしょうか。
SEO対策を外部に依頼する場合、どうしても気になるのがSEO対策費用・料金かと思います。
弊社AWESOMEでもSEO対策の見積もりを作る際、SEO対策の手法によって費用・料金が異なります。

コンテンツSEO型の対策ですと、記事を大量に集める必要があるためその分予算も増えます。
逆に内部SEOだけの対策の場合は、ランニングコストなどもコンテンツSEOよりは安く抑えることができます。
費用・料金が変わるのはSEO対策の手法によってかかってくる人件費や行う施策が異なるためです。
SEO対策と一言にいっても多くの対策方法があるため、当然ですよね。

もしあなたが外部にSEO対策をお願いする場合の参考になるように

  • 費用
  • 料金の相場
  • 効果など

私の経験などを元に5つのチェックポイントをご紹介していきます。

SEO対策料金・費用目安

SEO対策の費用や料金を把握する上で目安にしたい5つのポイント

今回は同業者の知り合いなどに見積もりを取ってもらったり、情報を集めて料金を目安で記載してみました。
依頼する会社の規模や、手法によって費用・料金も左右するかと思います。
あくまでも目安として捉えていただけたら幸いです。

外部SEO被リンク販売

SEO対策の費用や料金を把握する上で目安にしたい5つのポイント

一昔前まで、SEO対策で被リンクがとても重要視されていた時に流行ったSEO対策です。
SEO対策をしたいサイトに対して、大量のサイトからリンクを貼るられることでGoogleの検索結果を押し上げます。
月に少量のサイトを徐々につけていくタイプのものから、一気に100ページほどリンクを付けるタイプなど。
会社によって手法は様々です。

ですが、一点注意しなければいけない点があります。

Googleが公式に被リンクを買ってはいけない。と表明しています。

よってこのSEO対策はガイドライン違反となるんです。
ガイドライン違反とバレないようにうまくSEO対策を行うのでしょうが。
リスクがとても大きいため、自分自身でうまく管理できない場合は手を出さないほうがいいでしょう。

  • 費用目安:1万〜

内部SEO対策

SEO対策の費用や料金を把握する上で目安にしたい5つのポイント

サイトの内部(htmlなど)がしっかりとSEO的に正しく構築されているか。
ディレクトリがしっかりと構造化されているか。といった内部構造を対策します。
SEO対策を行う上で内部構造は一番気をつけなければ行けないポイントでもあります。

もし今あなたのサイトが内部SEO対策がしっかりとなされてない場合は、大きな効果を得られるでしょう。
SEO対策費用は、サイトのページ量や工数から費用が変わります。
5万程度で収まる事もあれば100万を超えることも十分にありえます。

一度見積もりをとってもらうのがいいでしょう。
5〜100万以上(サイトのページ料による)

コンテンツSEO

SEO対策の費用や料金を把握する上で目安にしたい5つのポイント

コンテンツマーケティングという手法を聞いたことはありますか?
良質なコンテンツをサイト内に大量に保有することで、SEO効果を高め、集客も行うという手法です。
被リンクでのSEO効果が下がった今、良質なコンテンツをいかに作成するかが重要視されています。
訪れたユーザーにとっても、良質なコンテンツがあればそれだけ

「またサイトにきたい」

「ブックマークしておきたい」

そう思わせる事ができます。
サイトの評価もSEO効果も集客も同時に行える、今一番熱いSEO対策とも言えます。

ですが、デメリットも当然あります。
記事を量産するため、記事の質や内容が薄いことコンテンツが量産されることがあります。
記事の内容が薄くてもSEO効果を得られることもありますが、サイトの魅力低下につながってしまいます。

魅力ある記事を書くことのできるライターを抱えている会社にお願いする。
もしくは、いい記事だけをサイトにアップする。
そういった対策を依頼主側でも行う必要があります。

また、コンテンツSEOは1、2ヶ月ですぐに効果が現れる施策でもありません。
長期的な運用が必要なのと、100記事ほどは必要と言われています。
お試しでの運用はあまり効果も期待できないため、このあたりはしっかりと検討が必要です。
費用に関してもほぼ原稿料・主材料となります。
予算や時間的な余裕が有る場合はコンテンツSEOを選択するのも一つの手です。

  • 費用目安:1記事5000円〜4万円

SEOサイト設計コンサルティング

SEO対策の費用や料金を把握する上で目安にしたい5つのポイント

大規模サイトの構築する際に、SEO設計を行うことを指します。
コンテンツSEOのように大規模化していくことが予想されるサイトなどですと特に効果が大きく現れます。
1000ページを超えてきた際に、システムも含めた、サイト構造。
SEO対策キーワードの選定など、をサイト構築段階からコンサルティングしていきます。

中小規模のサイトでのコンサルティングも可能ですが、
大規模サイトへとスケールしていくことが予想されない場合は、必要ないことがほとんどです。
SEOサイト設計の費用・料金もサイトのサイズによってことなります。
数千ページに及ぶサイトですと数百万という規模になってきます。
サイトがSEO対策費用を回収できるだけの魅力があるかという点も重要になってきます。

  • 費用目安:20万〜数百万以上

月額固定 / 一括払い

SEO対策の費用や料金を把握する上で目安にしたい5つのポイント

最後に料金SEO対策費用・料金は月額固定型か一括払い型の2パターンがあります。
月額固定の場合ランニングとして費用を支払う事で、毎月レポートを作成や毎月の対策を考案してくれます。
コンテンツSEO対策といった長期に渡るSEO対策の場合も、原稿料とは別にキーワード選定費用やコンサル料で月額固定費が発生する場合もあります。

一括払い型の場合は、買い切りのSEO対策となります。
内部SEO対策やSEOサイト設計コンサルティングといった、更新する必要のない施策に適用される場合があります。
予算と合わせて、どちらのタイプの料金システムを利用するかを決めていきましょう。

さいごに。

SEO対策の費用や料金を把握する上で目安にしたい5つのポイント

SEO対策と一言にいっても多くの手法や料金体系が有ることがお分かりいただけたかと思います。
SEO対策を漠然と依頼するよりは、少しでも知識を持っておくことが重要です。
そうすることで予算感や実際に必要な対策はなにかというのが分かってきます。
まずは、今回の記事を参考に、どういったSEO対策を行っていくべきかを考えてみるのも良いでしょう。
自分自身で行う事のできるSEO対策もとても多くあります。
まずは自分自身でやってみたい。という方はこちらの記事なども参考にしてみてくださいね。

初心者から始めるSEO対策!Google検索エンジンスターターガイドを読もう!

【ワードプレス初心者講座】seo対策につかえるプラグイン10選

PR

Instagram Feed

Load More
Something is wrong. Response takes too long or there is JS error. Press Ctrl+Shift+J or Cmd+Shift+J on a Mac.

Instagram

WEB DIRECTOR

マンノカズミチ

バンドマンを経て、台湾で日本語教師をしてましたが、2016年より株式会社AWESOMEにてWEB開発とコンテンツ制作を担当しております。SEO対策と記事執筆が得意分野です。こっそり台湾と日本のハーフです。

他の投稿を見る →