ローディング中

Jetpackで複数サイトを一元管理する方法をまとめてみました。

WordPressのプラグインの中でもっとも有名かつ高機能のプラグインといてばJetpackといっても過言ではありません。
様々な機能のあるJetpackですが、その中でも一際便利なのに意外と使われていない機能が一元管理です。

一元管理機能は読んで字のごとく、複数サイトを一元管理できるとても便利な機能です。

  • 複数のサイトをWordpressで運営している
  • 複数サイトのアクセス解析などを一箇所で管理したい
  • プラグインの更新やページのカスタマイズも一箇所でなんとかしたい
  • ブログ投稿なんかも一箇所でまとめてしたい

そんなワガママのような願いが、Jetpackをインストールするだけで叶えることができるんです。
今回は複数サイト運営している方は絶対に利用したほうがいいJetpackの一元管理機能の使い方を解説していきます。

複数サイトをJetpackで一元管理してしまおう!

スクリーンショット 2017 03 22 午後8 01 55

Jetpackの一元管理は上記の画像のようにwordpress.com上から一元管理できるようになる機能です。
一度設定してしまえば、どこにいてもこのhttps://wordpress.com/から管理できるためサイト運営やメンテナンスが捗ります。

アクセス先ですがhttps://wordpress.org/ではなく、https://wordpress.com/ですので間違えないように気をつけておきましょう。

Jetpackで一元管理する方法

WordPressアカウントの登録

ここからは、Jetpackで一元管理する方法を解説していきたいと思います。
先程もご説明したとおり、一元管理はhttps://wordpress.com/上で行ないます。
Wordpressのアカウントを取得していない方はアカウントを取得しましょう。

D5251999288b1c14a851973412b102fd
▶https://wordpress.com/

https://wordpress.com/にアクセスし、右上のログインをクリックします。

スクリーンショット 2017 03 22 午後7 00 32

アカウントをすでに持っている人はログインをし、持っていない方は登録から登録を行ないましょう。
ログインが完了したら、ひとまずWordpressのアカウント登録は終了です。

Jetpackのインストール

WordPressのアカウントが作成できたら、WordpressにJetpackをインストールしていきましょう。

スクリーンショット 2017 03 22 午後7 07 15
▶jetpack

上記からJetpackをダウンロードしてWordpressにインストールするか、Wordpressのダッシュボード上からインストールしましょう。

Jetpackのインストール・有効化が完了すると、下記画像のような表示が現れます。

スクリーンショット 2017 03 22 午後7 43 27

WordPressと連携をクリックしましょう。

スクリーンショット 2017 03 22 午後7 43 56

先程のWordpressのログインが正常に完了していた場合、自動的に連携をしてくれます。
承認するをクリックしましょう。

ログインが完了していない場合は、ログイン画面が表示されるためログインするだけでOKです。

一元管理をオンに

スクリーンショット 2017 03 22 午後7 45 01

Jetpackのプラグイン設定画面に移動すると、上記の画像のようにプラグインのオンオフを設定することができます。
右上に虫眼鏡のついた検索窓があるので、ここに「一元管理」と入力

スクリーンショット 2017 03 22 午後7 45 08

すると一元管理が表示されますので、設定をオンにしましょう。
これで一元管理の設定は完了です。

Jetpackの設定は一元管理する全てのサイトで行って下さい。

https://wordpress.com/にアクセス

管理したい全てのサイトでJetpackの設定が完了すると、後はhttps://wordpress.com/にアクセスするだけです。

40b266f716800baced7ef77b5cfa4976

サイトにアクセスしログインすると、上記の画面に推移します。
左上の参加サイトをクリックしてみましょう。

9fee40a575295ad29cc1035e12a2a8af

参加サイトのアクセス解析などの情報が表示されます。
一元管理しているサイトを更に表示したい場合は、左上のサイトの切り替えをクリックします

スクリーンショット 2017 03 22 午後7 04 53

このような感じで設定したサイトが全て表示されていれば成功です。
表示されていなければ、Jetpackの設定などを見直してください。

また上部のすべての参加サイトもしくはhttps://wordpress.com/stats/dayにアクセスすることで、参加サイト全ての統計情報を一覧で確認することができます。

1984d21b3ed9623a0d12654e459f07b9

統計情報の他にも左のサイドバーから様々な設定が可能です。

サイトが表示されない場合。

複数のサイトが表示されない!という場合、以下の項目をチェックしてみましょう。

  • Jetpackと連携したアカウントは全部同じアカウントになっているか
  • 一元管理の項目がオンになっているか
  • XML-RPC API アクセス制限はOFFになっているか

X-ServerなどはJetpackからのアクセスは制限対象外となっていますが、XML-RPC API アクセス制限をオフにしないと動作しないことが多々あります。
その為、Jetpackがエラーになったり一元管理がうまく動作しない場合はここをチェックしてみましょう。

また意外と多いのが、Wordpressのアカウントを複数もっていて、違うアカウントでJetpackを連携してしまっているパターン。
一元管理がオフになっているのに気づかないなんてパターンもあるので、しっかりとチェックしておきましょう。

Jetpackの一元管理でできること

Jetpackの設定・一元管理の設定は上手く行えましたか?
ここからは一元管理でできる様々な機能について解説していきたいと思います。

アクセス解析

9fee40a575295ad29cc1035e12a2a8af

すでに上記でも触れましたが、アクセス解析を確認することができます。
Google Analyticsとは違いJetpackで収集しているデータですので、Jetpackをオンにしておけば自動で収集してくれます。

ブログ・固定ページ投稿

スクリーンショット 2017 03 22 午後8 57 50

ブログ投稿・固定ページ投稿も可能です。
サイトごとのダッシュボードにログインしなくても、ブログ投稿ができる優れもの。

難点は、Yoast SEOやカスタム投稿フィールドの設定なんかはここからは出来ない点でしょうか。
特にそんなの必要ないよ!という方には最高ですね。

あとはリライトちょっとしたいな!って時なんかにも役立ちそうです。

テーマカスタマイズ

スクリーンショット 2017 03 22 午後8 57 23

なんとテーマのカスタマイズやメニューの編集なんかも一元管理できてしまいます。
サイトにアクセスしなくても、こんなことまで出来てしまうとは驚きですよね。

スクリーンショット 2017 03 22 午後8 57 28

更になんと、テーマを検索して有効化なんてことも出来てしまいます。

プラグイン関連

私が1番Jetpackの一元管理でお世話になっているのがプラグインの管理です。
管理するサイト数が増えてくると、プラグインの更新やサイト更新が面倒になってきます。

そこでJetpackの一元管理を使えば、管理サイト全てのプラグイン更新や有効化・無効化などを一気に行うことが出来ます。

スクリーンショット 2017 03 22 午後9 05 04

このように全参加サイトのプラグインのインストール状況や更新状況が一目で把握できます。
全てのプラグインを一気にアップデートすることも当然可能ですし

スクリーンショット 2017 03 22 午後9 05 23

アップデートしたいプラグインだけを選択し、アップデートしたいサイトだけアップデートするということも可能です。

サイトが増えれば増えるほど更新漏れなんかがないように気をつけておきたい所。
Jetpackの一元管理を使えば更新漏れを防ぐことができそうですね。

一元管理を使って効率よくサイト運営をしよう。

Man 791049 960 720

Jetpackの一元管理を上手く活用すれば、今まで時間がかかっていた複数サイトの管理も効率よく行えそうです。
複数サイトのアクセス解析やプラグイン設定、ブログ投稿まで1つの画面で操作できるのは魅力的です。

  • サイトを2つ以上運営している。
  • Jetpackを導入している。

そんな方は一元管理を是非利用してみましょう。

ホームページ制作のご相談・ご依頼は

079-451-5881

68ED4C65-BA1E-46D0-A7AC-B9869923C696 Created with sketchtool. A07C553F-CF16-4B7D-94FE-D36AE0A6297D Created with sketchtool. 37B7D8F4-7A18-4725-9EC6-595ABDF69D64 Created with sketchtool. 95DFB680-1EDF-4199-BC4A-BB6752EBA23C Created with sketchtool. 02DDF754-E1DB-4EF2-B6BB-C884722938C4 Created with sketchtool. NEW! 1A95E369-6469-4C46-B38F-F83410B928B0 Created with sketchtool. Group 5Group 2Group 4Group 3 E4FC8CF2-721D-4699-8162-18E886C432C1 Created with sketchtool.