インバウンド需要を狙う3つのマーケティング手法

外国人観光客が増加の一途をたどる今だからこそ!

インバウンド需要を狙う3つのマーケティング手法

インバウンド需要が年々変化していることをご存知でしょうか。

外国人観光客は年々増え続け、中国人の「爆買い」も日常の風景と化してきた今だからこそ、

刻一刻と変化し続けるインバウンド需要を的確に捉える必要があります。

一時は中国人旅行客による、「高級腕時計」「ハイブランド品」に対するインバウンド需要から、

多くの百貨店が賑わい、収益をあげてきましたが、

今ではそのブームもひと段落し、一気に高級腕時計などへのインバウンド需要は減少しました。

では、インバウンド需要の対象は一体どこへ向かったのでしょうか?

イオンを始めスーパーが好調

インバウンド需要を狙う3つのマーケティング手法

外国人観光客を乗せた、観光バスが、

空港近くの大型スーパーに停車する光景がよく見かけられるようになりました。

日本は世界的でもトップクラスの食品の安全性の高さを外国人観光客も知っています。

ベトナム、タイ、中国、台湾はもちろん、アメリカやフランスなど欧米諸国から来られた観光客の方も、

日本のお菓子や、食品を買って母国に帰る姿が多く見られるようになりました。

一部大型スーパーでは、免税カウンターを設置したり、多言語化した看板を設置したりなど。

インバウンド需要を取り込むための施策が打たれています。

高級品から食品などのように、一般的な嗜好品へとインバウンド需要も変化し続けています。

インバウンド需要から見る将来への課題

以前のインバウンド需要に比べ、電化製品やブランド品の購入率が下がった今。

インバウンド需要を取り込む為の、次の一手はどこに打つべきなのでしょうか。

インバウンド需要を狙う3つのマーケティング手法

引用元:日本総研

ゴルフ場・テーマパークや、衣料品、化粧品、健康グッズなど、

家電や、時計などに比べても単価が低く、

配りやすく、形としてアピールできやすいものや、

母国で買えない食品へのインバウンド需要が増えてきています。

今、インバウンド需要が求めているものは、

ハイブランドや高級品などのように

「どこでも買えるもの」から

「日本でしか買えないもの」へ変化しているのです。

インバウンド需要を取り込む為に

東京オリンピックに向けて、ますます多くの観光客が日本へ訪れるでしょう。

そして、4年後に向けて更にインバウンド需要も変化し続けるはずです。

その生き物のように変化し続けるインバウンド需要のしっかりと把握し取り込む為にも、

適切なインバウンド対策が必要となってきます。

インバウンド需要への対策にお困りの際はAWSOMEまでご相談ください。

Instagram Feed

Load More

Instagram

WEB DIRECTOR

マンノカズミチ

バンドマンを経て、台湾で日本語教師をしてましたが、2016年より株式会社AWESOMEにてWEB開発とコンテンツ制作を担当しております。SEO対策と記事執筆が得意分野です。こっそり台湾と日本のハーフです。

他の投稿を見る →