wordpress使い必見! gitでpushの際に自動でデプロイする方法

こんにちは個別指導塾コミット塾長、AWESOME開発担当の船津です。

今回は面倒だけどやっておきたい簡易的なgitでの自動デプロイです。

wordpressのあまり大きくないプロジェクトだとテーマファイルだけさくっと管理したいという需要があると思います。今回はそんな人向けの記事です。

こちらを参考にさせていただきました。

やること

releaseブランチにgit pushするとリモート側のサーバーがgit pull releaseをしてreleaseブランチとファイルを同期させる

サーバーにphpファイルを設置

ファイル名はtest-deploy.phpにしてみます。

<php $hookSecret = 'githubで設定するsecretを書く'; # 空でもOK 
set_error_handler(function($severity, $message, $file, $line) { throw new \ErrorException($message, 0, $severity, $file, $line); }); set_exception_handler(function($e) { header('HTTP/1.1 500 Internal Server Error'); echo "Error on line {$e-&gt;getLine()}: " . htmlSpecialChars($e-&gt;getMessage());
	die();
});
$rawPost = NULL;
if ($hookSecret !== NULL) {
	if (!isset($_SERVER['HTTP_X_HUB_SIGNATURE'])) {
		throw new \Exception("HTTP header 'X-Hub-Signature' is missing.");
	} elseif (!extension_loaded('hash')) {
		throw new \Exception("Missing 'hash' extension to check the secret code validity.");
	}
	list($algo, $hash) = explode('=', $_SERVER['HTTP_X_HUB_SIGNATURE'], 2) + array('', '');
	if (!in_array($algo, hash_algos(), TRUE)) {
		throw new \Exception("Hash algorithm '$algo' is not supported.");
	}
	$rawPost = file_get_contents('php://input');
	if ($hash !== hash_hmac($algo, $rawPost, $hookSecret)) {
		throw new \Exception('Hook secret does not match.');
	}
};
if (!isset($_SERVER['HTTP_CONTENT_TYPE'])) {
	throw new \Exception("Missing HTTP 'Content-Type' header.");
} elseif (!isset($_SERVER['HTTP_X_GITHUB_EVENT'])) {
	throw new \Exception("Missing HTTP 'X-Github-Event' header.");
}
switch ($_SERVER['HTTP_CONTENT_TYPE']) {
	case 'application/json':
		$json = $rawPost ?: file_get_contents('php://input');
		break;
	case 'application/x-www-form-urlencoded':
		$json = $_POST['payload'];
		break;
	default:
		throw new \Exception("Unsupported content type: $_SERVER[HTTP_CONTENT_TYPE]");
}
# イベントタイプで処理を分けます
# https://developer.github.com/v3/activity/events/types/
$payload = json_decode($json);
switch (strtolower($_SERVER['HTTP_X_GITHUB_EVENT'])) {
		# githubからのテストping送信への応答
        case 'ping':
		echo 'pong';
		break;
		# push時の応答 OKを返しておきます
	case 'push': 
		# テーマフォルダに移動して、git pull 
	    exec('cd テーマフォルダの絶対パス; git pull origin release');
	default:
		header('HTTP/1.0 404 Not Found');
		echo "Event:$_SERVER[HTTP_X_GITHUB_EVENT] Payload:\n";
		print_r($payload); # For debug only. Can be found in GitHub hook log.
		die();
}

ファイルが作れたらサーバーの公開用ディレクトリに設置します。

githubの設定

設定ははこんな感じにします。
secretには先程のファイルの中に記述したものを使います。

wordpress使い必見! gitでpushの際に自動でデプロイする方法

成功するとこういったレスポンスが返ってきます。

 

wordpress使い必見! gitでpushの際に自動でデプロイする方法

コマンドが正しければreleaseブランチの内容がpullされてきているはずです。

最後に

いかがでしょうか?大抵の場合はこれで済んでしまうかと思われます。
セキュリティに関してはいろいろと課題がありそうですね。

Instagram Feed

Load More

Instagram

専務取締役

funatsukeisuke

WEBと教育を組み合わせて何かおもしろいことをやってやろうと画策しています。AWESOMEでは開発を担当、個別指導塾コミットでは塾長と2足の草鞋を履きながら日々勉強しています。

他の投稿を見る →