WordPressのテーマカスタマイズを子テーマで行う方法

WordPress既存のテーマをカスタマイズする際、子テーマで作成する事が推奨されています。
カスタマイズに慣れてない方や、Wordpressを初めて触る方なんかは

  • 子テーマってなに?
  • 子テーマ作成のメリットって?

と疑問に思う事でしょう。

子テーマを上手く利用することで、効率よくWordpressをカスタマイズしていくことができるようになります。
今回はWordpressのテーマ開発でおさえて置きたい子テーマの作成方法とメリットを解説していきます。

子テーマとは

子テーマとは、既存Wordpressテーマをカスタマイズする為のテーマの事。
「既存テーマ」の機能・スタイルを継承したカスタマイズ専用のテーマを「子テーマ」とよびます。

既存テーマは「親テーマ」と呼ばれています。

WordPressのテーマカスタマイズを子テーマで行う方法

親テーマのカスタマイズしたい部分のみを、「子テーマ」として切り離し編集していきます。
そうすることで、以下のようなことが簡単にできます。

  • 親テーマの一部だけ編集(色、サイズなど)
  • 親テーマにない機能を追加

子テーマを作成する理由

親テーマをカスタマイズするデメリット

  • どうしてそんな面倒なことをするの?
  • 直接カスタマイズしたら駄目なの?

親テーマを直接カスタマイズする方もいらっしゃるでしょう。
ですが、親テーマを直接カスタマイズする場合いくつかの問題があります。

  • アップデートするとカスタマイズが上書きされ、なくなってしまう
  • アップデートしないとセキュリティ的に危なくなる可能性も。

WordPressの既存テーマは定期的にアップデートがなされます。
セキュリティの改善や、スタイルの改善、機能面でのバグの修正などが行われているため、既存テーマを使うのであればしっかりとアップデートを行っていきたいものです。

ですが、親テーマを直接カスタマイズしてしまうと、苦労して行ったカスタマイズがアップデートと共に消えてしまいます。

そうならないためにも、「子テーマ」を作成してカスタマイズしていく必要があるんです。

子テーマをカスタマイズするメリット

WordPressのテーマカスタマイズを子テーマで行う方法

子テーマを作成してカスタマイズを施す場合、親テーマのアップデートをおこなっても「子テーマ」は影響を受けません。
子テーマでカスタマイズした部分、追加した機能などは必ず残ることが保証されています。

その上、親テーマのアップデートを何度でも行うことができるため、コアの部分は最新の状態をしっかりと保つことができます。
既存テーマの良いところはそのままに、自分好みにカスタマイズできるのが子テーマでカスタマイズする最大のメリットでしょう。

特にWordpressの公式テーマを子テーマでカスタマイズするメリットが他にもあります。
プラグインの動作がある程度保証されてる点が挙げられます。

プラグイン開発にあたって、Wordpressの公式テーマを基準に動作確認を行います。
公式テーマを子テーマでカスタマイズすることで、プラグインの動作がある程度保証されます。

子テーマの設定方法

では子テーマの設定方法を解説していきます。
まず初めに子テーマフォルダを作成しましょう。

wp-content > themes以下に子テーマフォルダを作成します。
フォルダ名は

[元テーマ名_child]

とするのが一般的ですが、わかりやすければなんでも構いません。

WordPressのテーマカスタマイズを子テーマで行う方法

こんな感じですね。

子テーマフォルダにファイルを作成

次に、子テーマフォルダ内に下記のファイルを作成します。

  • style.css
  • function.php

各ファイルには下記のコードを記述していきます。

style.css
/*
Template:親テーマ名
Theme Name:子テーマ名
*/

最低限このコードを書かないと子テーマとして認識されません。
親テーマ名を間違えないように気をつけましょう。

function.php

function.phpには親テーマのstyle.cssを読み込むように設定してあげます。
こうすることで、親テーマのCSSは自動的に読み込まれるため、子テーマのCSS上では変更したい部分だけ書き込めばよくなります。

親テーマのCSSもドンドン変更していきたい!という方は、飛ばしてしまっても構いません。

その他

子テーマフォルダ内にheader.php/footer.php/single.phpといったファイルを作成した場合、親テーマではなく子テーマが読み込まれます。
個別でカスタマイズしたい場合や、新たにページを追加したい場合は子テーマにファイルを作成していくようにしましょう。

ダッシュボードからテーマを反映させる。

WordPressのテーマカスタマイズを子テーマで行う方法

ここまでの設定が正しく行われていれば、ダッシュボードからテーマを選択できるようになります。
子テーマを選択すると子テーマが反映されます。

テーマに反映されてない場合は、何かしらの設定が間違ってる形になるため修正していきましょう。

WordPressは子テーマでカスタマイズしよう。

WordPressのテーマカスタマイズを子テーマで行う方法

子テーマをカスタマイズする事で、効率よくテーマのカスタマイズを行うことができます。
親テーマを直接カスタマイズして、アップデートで苦労が水の泡!なんてことにならないためにも、子テーマを活用してみてくださいね。

PR

Instagram Feed

Load More
Something is wrong. Response takes too long or there is JS error. Press Ctrl+Shift+J or Cmd+Shift+J on a Mac.

Instagram

WEB DIRECTOR

マンノカズミチ

バンドマンを経て、台湾で日本語教師をしてましたが、2016年より株式会社AWESOMEにてWEB開発とコンテンツ制作を担当しております。SEO対策と記事執筆が得意分野です。こっそり台湾と日本のハーフです。

他の投稿を見る →