下着泥棒にGUの可愛いタイツを2回も盗まれた話

24歳の頃の僕はバンドで売れる見込みもなく、かといって音楽を辞めるだけの確たる理由もなかった。 冬の厳しい寒さと戦いながら奇妙に絡み合った絶望の中で何ヶ月ものあいだ僕は新しい一歩を踏み出せずにいた。 …

PR

Instagram Feed

Something is wrong.
Instagram token error.
Load More
1 / 11