【WordPress初心者向け】kusanagiでsudoを使う場合の注意点

みなさんこんにちは、個別指導塾コミット塾長、AWESOMEの開発担当の船津です。

最近はもっぱらkusanagiの速さにビビりながらなんとか遅くならないようなページ作りに励んでいます。

今回は最近ちょっと困ったkusanagi使い方tipsです。

githubからsshでpullしたい

リリース用のファイルをgitで管理したいシーンって結構ありますよね。
Kusanagiの場合はデフォルト設定ではsudoしないといけないわけですが、この時に使われる鍵はroot用の鍵です。(実は全然意識してなかった)
kusanagiの場合、root向けの秘密鍵は/root/.ssh/にあります。
デフォルトでは鍵がないので、ssh-keygen -t rsaとかで生成しましょう。

ここで出来た/root/.ssh/id_rsa.pubをgithubのdeploy keyとして設置すれば上手く行くかと思います。

Cronが実行されない〜〜

Crontab -e でこんな感じに設定したしたとします。
07 03 07 1-11/2 * /usr/bin/kusanagi update cert machine-name

そんなときは/etc/sudoersを下のように書き換えます。
ttyなしでもsudo出来るようにします。
結構基本的なことですが、忘れちゃいますね。

56 #Defaults requiretty
57
58 #
59 # Refuse to run if unable to disable echo on the tty. This setting should al so be
60 # changed in order to be able to use sudo without a tty. See requiretty abov e.
61 #
62 #Defaults !visiblepw

おわり

うまくいったでしょうか?
Kusanagiはめっちゃ早いんですが、どこまでいじっていいのかちょっと困ります。
精進します。

PR

Instagram Feed

Load More
Something is wrong. Response takes too long or there is JS error. Press Ctrl+Shift+J or Cmd+Shift+J on a Mac.

Instagram

専務取締役

funatsukeisuke

WEBと教育を組み合わせて何かおもしろいことをやってやろうと画策しています。AWESOMEでは開発を担当、個別指導塾コミットでは塾長と2足の草鞋を履きながら日々勉強しています。

他の投稿を見る →