格安SIMを夫婦で使いまくってみた。

2016年6月15日

※2016/09/17 追記あり

格安SIMだけで生活できるか。

格安SIMを夫婦で使いまくってみた。

最近は開発や友達の結婚式をお祝いしに台湾に帰ったりと、バタバタしているマンノです。

台湾で暮らしていたころは3G回線でも、Youtubeを見るのに全く困らない程度の速度ができる上、

ネットも使い放題だったんですが、日本の携帯料金は皆さんもご存知の通りちょっとお高い。

正直月に1万とか払うお金は我が家にはないため、夫婦で格安SIMを利用してみることにしました。

合計3社の格安SIM利用してみた感想

実は格安SIMがで始めたころから使っており、

今までに3社の格安SIMをつかってきました。

OCN(音声つき1600円〜) http://service.ocn.ne.jp/mobile/one/

IIJmio(音声つき1600円〜) https://www.iijmio.jp/

plala(データ定額無制限でも2760円~) http://www.plala.or.jp/lte/

の三社を使ってきました。

サービス内容などは各自で調べていただくとして、実際に格安SIMだけでも困らないの?という点ですが。

「マンノ家では全く困っていません」

月3Gもつかわないので格安SIMで十分

格安SIMを夫婦で使いまくってみた。

我が家ではIIJmioの月1000円程度の一番安いプランを契約していまして、

3GもLTEをつかえる状態なのですが、余りまくっているのが現状です。

毎月1G以上あまってます。

実際には音声通話もできるようにしているため、1000円ちょっと料金はかかってるんですけどね。

正直これだけで十分だなと感じています。

家でも会社でも wi-fiが飛んでるので全く困らないんですよね。

結果通信容量が余りまくってるっていう現状です。

また電話をかける時なんかは、 LINE電話なんかを多用しています。

というのも普通に電話をかけるよりも安く済むのと、

お店なんかにかける場合も無料でかけられる店舗が沢山あるんです。

うまく活用すれば通話料金を安く抑えることもできます。

通信費を格安SIMで抑えて、通話料金をLINE電話で抑えれば月2000円程度に収めることができました。

格安SIMの弱点・通話料をもっとお得に

通話料をもっと安くしたい場合はSMARTalkなどのip電話アプリを併用してみましょう。

ip電話のメリット

私もSMARTalkは長年使っているのですが、海外にいる時も国内料金で通話ができるため重宝しています。

更に通話料が高くなりがちな格安SIMの通話料を格段に安く済ませられます。

通常の電話料よりも60%安くなるとSMARTalkはうたっており。

かけ放題に登録するほどでもないけれど、通話料は抑えたいという人には最適です。

ip電話のデメリット

ip電話はネットを経由して電話をかけるためネットがないと繋がりません。

そして、音質は通常の電話回線に比べても劣ります。

ですが、音質を気にしないよ!って人にはいいかもしれませんね。

また、着信が受け取りにくいというのもあります。

アプリを使用して電話を使用するのですが、そのアプリのプッシュ通知などが遅れる場合もあるため。

かかってきたのをリアルタイムで取れたことが殆どありません。

さいごに

格安SIMを夫婦で使いまくってみた。

当たり前のように払っている携帯の料金も、今では少し見直すだけで大幅に節約をすることが可能です。

1万円から2000円。

年間でも10万円近いお金が節約できるので、是非この機会に格安SIMを検討してみてはいかがでしょうか。

※ 追記

最近嫁のSIMをLINEモバイルに変更しました!

【MVNO】LINE モバイルを買って使ってみたら最強すぎた。

Instagram Feed

Load More

Instagram

WEB DIRECTOR

マンノカズミチ

バンドマンを経て、台湾で日本語教師をしてましたが、2016年より株式会社AWESOMEにてWEB開発とコンテンツ制作を担当しております。SEO対策と記事執筆が得意分野です。こっそり台湾と日本のハーフです。

他の投稿を見る →